HOMEHowto

文体は、文章の目的や種類によって使い分ける。

こんにちは、アイデアマン養成コーチの寺ちゃんです。

アイデアマン養成所の喫茶室で、ひらめき先輩、
新入社員のアイちゃん、デアくんの三人が雑談を
しています。

ひらめき先輩
「きょうは、文体についての話をします。
デアくん、文体には、どんなものがありますか?」

デアくん
「えーと、“です・ます体” と “である体”ですか?」

ひらめき先輩
「はい、そうです。“です・ます体” と “だ・である体”が
ありますね。じゃ、アイちゃんに聞くけど、
“です・ます体”は、どんなものに使われることが多い?」

アイちゃん
「“です・ます体”は、広告やパンフレットなど、お客様を
相手にする場合などに使われることが多いんじゃないかしら」

ひらめき先輩
「そうですね。確かに、失礼がないように丁寧に書く場合に
使われますね。手紙も、ほとんどが“です・ます体”ですね。
じゃ、今度はデアくんに聞くけど、“である体”はどんなものに
使われる?」

デアくん
「えーと、新聞や雑誌、それに小説などもそうですね」

ひらめき先輩
「評論なども “である体”で書かれていますね。
“です・ます体”だったら、批判が書きづらいかも・・・」

アイちゃん
「ははは、そうですね」

デアくん
「論文なんかも、“である体”だね」

アイちゃん
「エッセイとか、実用書なんかは、どちらの文体も
ありますよね?」

デアくん
「あるある・・・」

ひらめき先輩
「文体で言えることは、自分が書くときに2つの文体を
混ぜこぜにしないということですね。どちらかに統一する
ようにしましょう。」

アイちゃん
「了解!」

デアくん
「アイアイ・サー!」

ひらめき先輩
「はい、きょうの雑談はここまで。
読者の皆さんも、最後までお読みいただき感謝します」

このページのトップへ
ブログパーツ inserted by FC2 system