HOMEHowto

アイデアが出ない不安こそ、引き寄せの敵。

こんにちは、アイデアマン養成コーチの寺ちゃんです。

アイデアマン養成所の喫茶室で、ひらめき先輩、
新入社員のアイちゃん、デアくんの三人が雑談をしています。

ひらめき先輩
「デアくん、元気ないじゃない。どうしたの?」

デアくん
「えっ、そう見えますか?」

アイちゃん
「ほかに見ようがないくらいよ。失恋でもしたの?」

デアくん
「失恋の方がましだ」

ひらめき先輩
「どうしたんだよ。言ってごらん」

デアくん
「実は、コンペの仕事を担当しているんだけど、
なかなかアイデアが出なくって。才能がないのかな、俺?」

アイちゃん
「そんなことで悩んでるの?」

ひらめき先輩
「まあまあ。で、いつからやってるの?」

デアくん
「アイデアを考え始めてから3日目です」

アイちゃん
「まずコンセプトを考えて、それに基づいてちゃんと
やってるんでしょうね?」

デアくん
「やってる・・」

アイちゃん
「いままでに何案ぐらい出たの?」

デアくん
「1案だけ・・」

アイちゃん
「1案?」

ひらめき先輩
「大丈夫だよ、デアくん。心配ない」

デアくん
「徹夜してやってるんだけど、全然、出ないんですよ」

ひらめき先輩
「デアくん、不安ばかりでしょ?」

デアくん
「ええ、だって、コンペなんですよ。負けたら恥ずかしいし・・」

アイちゃん
「恥ずかしいことなんてないわよ。コンペなんて、
運もあるんだから」

ひらめき先輩
「そうだよ。アイデアが出ないのは、デアくんの
才能のせいじゃないと思うな」

デアくん
「そんな慰めはいいですよ」

ひらめき先輩
「アイデアが出ない理由は、別のところにあるね」

アイちゃん
「別のところ?」

ひらめき先輩
「そう。コンペに勝たなきゃならないというストレスと、
いいアイデアが出なかったらどうしようという不安が、
ヒラメキを止めてしまっているんだよ」

デアくん
「・・・・?」

ひらめき先輩
「こういうときこそ、引き寄せの法則を使うんだよ。
もう忘れちゃったのかい? 不安を感じながらやって
たら、不安になる状況を引き寄せちゃうって、この間、
学んだはずだよ」

アイちゃん
「そうよ。もっとポジティブに考えなくちゃ。絶対に
いいアイデアが出すぞと思って取り組めばいいのよ。
アイデアを考え出すのは、誰だって大変だと思うわ。
だから、自分に才能がないなんて、決めつけなくても
いいんじゃない。デアくんなら、きっとうまくいくわ」

デアくん
「アイちゃん・・・」

ひらめき先輩
「エジソンは成功しない人の特徴として、こんなことを
言ってるよ。“ほとんどすべての人間は、もうこれ以上
アイデアを考えるのは不可能だという所まで行きつき、
そこでやる気をなくしてしまう。いよいよこれからだと
いうのに”ってね」

デアくん
「そうか、これが普通なんですね」

アイちゃん
「そう、これからが本番よ。もうこれ以上出ないと思う
くらい考えたら、一休みするのよ。考えない時間を持つ
ことも必要だって、デアくんも知ってるでしょ。潜在意
識に任せて、ヒラメキを待つのも大事な仕事のプロセス
なんだから」

ひらめき先輩
「アイちゃんの言うとおりです!」

デアくん
「俺、かなり焦ってたみたい。ひらめき先輩、アイちゃん、
ありがとう。俄然、やる気が出てきました」

ひらめき先輩
「はい、きょうの雑談はここまで。
読者の皆さんも、最後までお読みいただき感謝します」

このページのトップへ
ブログパーツ inserted by FC2 system